スポンサーリンク

平成6年から登録することが、義務化されている自転車の防犯登録です。

しかし、自転車を処分する時、防犯登録は、どのようにすればよいのでしょう。

自転車の処分方法と防犯登録について調べてみました。

自転車の防犯登録の抹消方法は?

 

自転車の防犯登録は、引越しや自転車をあげたり、もらったりした時に防犯登録の内容を変更、抹消しないといけません。

ところが、抹消方法が都道府県によって違います。

なぜ違うのでしょうか。

各都道府県で管理しているところが、違うので自転車の防犯登録の抹消方法が大きく異なります。

自転車屋さんで手続きできるところや警察に行かないとだめな都道府県があります。

しかし、ばらばらな都道府県でも、1ヶ所だけ共通で自転車の防犯登録を抹消できる場所があります。

その場所は、最寄の警察署の交通安全課に行くと抹消してもらえます。

持ち物は、

  • 防犯登録カード
  • 身分証明書
  • 自転車本体

です。

防犯登録カードは、防犯登録した時にもらった白い紙です。

身分証明書は、現住所の確認できるものです。

自転車本体は、自転車には、固有の番号が刻印されていますので、防犯登録カードの番号とあっているかどうかの確認のために必要になります。

 

防犯登録カードが無い場合どうすればいいのでしょう。

実は、購入した自転車屋に控えが残っていますので、コピーか番号を問い合わせて教えてもらってください。

 

スポンサーリンク

自転車の処分方法は?

 

いらなくなった自転車の処分の方法は、どのような方法があるのでしょか。

自分でゴミ処理場に持ち込む

処分の料金は、物の重さで決まるので回収をお願いするよりも安くなります。

ただし、ゴミ処理場は街中にありませんので、車を持っていない人には、少し無理な方法かもしれません。

粗大ゴミで回収してもらう

お手軽で料金は多少かかりますが、民間の不良品回収業者に頼むより安くつきます。

ただ、回収日が決まっていますので、役所に問い合わせて回収の日まで待たないといけません。

リサイクルショップ

比較的きれいで新しい自転車なら、2000円から5000円ぐらいで引き取ってくれる可能性はあります。

ただし、基準が厳しくて、買い取ってくれない時もあるようです。

不用品回収業者に頼む

料金は若干高くなりますが、業者に頼んでもいいでしょう。

業者の中には、処分せず、そのまま捨てていたり、リサイクルショップに売っていたりします。

基本的に壊れていない自転車は、外国へ持って行きます。

しっかりとした不用品回収業者か見極めないといけません。

友人、知り合いにあげる

自転車が、なくて困っている友人や知り合いがいるのなら、あげましょう。

あるいは安く売ってもいいかもしれませんね。

自転車の処分で気をつける事は?

 

自転車の処分についてですが、どの処分方法をとっても防犯登録の抹消は、必ずしてから動きましょう。

特に友人、知人にあげる場合、自転車の防犯登録の抹消をしておかないと友人が窃盗の疑いを受けてしまうことになります。

また売った人のところにも警察から問い合わせが入りますので、大変なことになります。

友人や知り合いと仲が悪くなる可能性もあります。気をつけましょう。

まとめ

いかがですか。もし、いらない自転車があるのであれば、自転車の防犯登録の抹消をしてきっちりと処分することが大事です。

何ヵ月後に突然警察から電話がかかってきてびっくりすることの無いようにしましょう。

スポンサーリンク