スポンサーリンク

貧血かも・・・。そう感じた時に何故か吐き気や下痢の症状が出てくる。

そういった方多いと思います^^;

私も貧血になると吐き気がすることもあり辛いです^^;

 

しかし、貧血と吐き気と下痢ってどんな関連性があるのかピンと来ないですよね。

 

そこで、貧血による吐き気や下痢になるのはどうしてか調べてみたので、紹介していきたいと思います!

 

貧血で吐き気がするのは何故?

 

まずどうして貧血になると吐き気も一緒に催してしまうのか紹介していきたいと思います!

 

貧血で吐き気がするのは3つの原因があるみたいなんです!

 

貧血によって内臓が酸欠状態に!?

貧血になると酸素がうまく体の中に取り入れることが出来ず、内臓が酸欠状態になってしまうみたいなんです。

酸欠状態になってしまうと、消化の働きをしてくれている胃腸などの働きが落ちてしまい消化不良になってしまうんです。そして、それが吐き気となって出てくるという仕組みなんだそうです^^;

 

消化機能が何らかの原因で低下する!?

先ほど紹介した原因とは逆に、消化機能が何らかの原因で低下してしまうと鉄分がうまく吸収してもらえなくなり、貧血状態になってしまうんだそうです。

そうすると、酸欠状態も重なりそれが吐き気となって症状が出るんだそうです^^;

 

女性は生理も関係している!?

女性特有の現象の生理による貧血とも吐き気が関連しているみたいです。

女性の生理にはポロタグランディンというものが排出されているみたいなんですが、その時に消化機能が低下してしまい貧血となって、それが吐き気に繋がっていくみたいなんです^^;

 

もし貧血による吐き気を催したら、深呼吸をして酸素を身体の中に取り込んであげるか、ミント系などスース―するガムなどを噛むか、ゆっくり休むようにすると少しは落ち着くみたいですよ^^

 

スポンサーリンク

貧血で下痢になるのは何故?

次に貧血で下痢になるのはどうしてなのか気になりますよね^^;

調べていると実は、貧血と下痢は直接関連はしていないと言われていることが分かりました^^

 

ではどうして貧血の時に下痢になるのか・・・。

実は貧血の他に胃潰瘍になっているか、貧血によって低血圧になってしまいその他にも胃潰瘍や腸炎と言った病気になっていると下痢になるようです^^;

 

なので、貧血の際におへその上あたりが痛む腹痛の場合は胃潰瘍、おへその下あたりが痛む腹痛の場合は腸炎の可能性があるので、病院に受診してみた方が良いみたいです^^;

 

また、両方ともウイルス性の感染症である可能性が高いみたいなので、無理に下痢止めなどを飲んで止めないようにした方が良いみたいですよ!逆に悪化してしまう可能性もあるみたいなので^^;

 

その他にもやはり女性特有の現象である生理痛の腹痛と貧血が重なることで下痢になることも・・・。

 

なので、この場合は貧血を改善するか、下腹部を温めるなどすると良いですよ^^

 

貧血が原因の他の症状は?

貧血は酸欠状態になります。

そうなると、吐き気や下痢以外にもいろいろな症状が出てくるみたいなんです^^;

 

その症状というのが・・・

  • 眩暈や立眩み
  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 動悸.息切れ
  • 倦怠感

などといった体調不良になるんだそうです。

 

貧血は本当に悪いことが集まった症状なんですね^^;

 

まとめ

貧血による吐き気は、基本的に貧血で酸欠状態になり消化不良を起こして吐き気を催すことが分かりました^^;

また、貧血による下痢というのは関連性があまりなく、貧血と一緒に胃潰瘍や腸炎といった感染症にかかってしまっている可能性の方が高く、他にも生理痛による腹痛と貧血が重なることで下痢になってしまうようですね^^;

 

その他にも貧血によって体調不良が出てきてしまうので、酷くなる前に貧血を改善して健康になりたいですね^^

 

スポンサーリンク