スポンサーリンク

コーヒーは日常生活の中のいろいろな場面でホッと一息つかせてくれる飲み物ですよね。

手軽に楽しめるインスタントコーヒーから豆の香ばしい香りを楽しむドリップコーヒーなど、美味しい簡単な入れ方についてみてみましょう。

インスタントコーヒーの美味しい簡単な入れ方

インスタントコーヒーの美味しい入れ方は

① 水で練ってからお湯を注ぐ
インスタントコーヒーにティースプーン1杯程の水を入れて、スプーンの背で練って空気を出してから、普通に熱湯を注ぐだけで格段に美味しいコーヒーが出来上がります。
② フライパンでインスタントコーヒーを炒ってからいれる
テフロン加工のフライパンでインスタントコーヒーを弱火で炒ってから普通に入れると香ばしさがアップします。
ほんの少し焦げてきたかなと思うところで火を止めてインスタントコーヒーをカップに移しお湯を注ぎます。
③ 電子レンジでチンする
インスタントコーヒーをおゆでとかして普通に入れた後電子レンジでチンします。
ちなみにカップにインスタントコーヒーを入れて、水を注ぎ電子レンジでチンするだけでも結構いけます。
スポンサーリンク

ドリップコーヒーの美味しい簡単な入れ方

① ドリッパーにフィルターをセットし、粉を入れ軽くゆすって表面を軽く押さえます。
② 沸かしたてのお湯をくちのほそいドリップポットにうつし、お湯を適温にします。ドリップポットがなければ、急須でもOKです。
③ ポットからドリッパーの真ん中に100円玉程度の小さな円を描くように中心を狙ってお湯を注ぎます。この時、ペーパーフィルターを濡らさないようにします。注ぐお湯の量は円を3周くらいです。
④ ジワ~ッと泡が膨らむのを一呼吸確かめた後、今度は中心から注ぎ、泡を盛り上げたら、そのままポットを回し、泡を全体に広げます。
⑤ ドリッパーに注いだお湯の量が、全体の3分の1程度に減ったら次のお湯を注ぎます。
⑥ サーバーの目盛りを確認して、人数分のコーヒーが落ちたら、すぐにドリッパーを外します。
⑦ 最後の一滴を入れると、コーヒーの雑味が出ます。最後の一滴をサーバーに落とさないにしましょう。

ベトナムコーヒーの美味しい簡単な入れ方

ベトナムコーヒーを入れるには、ベトナム式コーヒーフィルターを用意します。

① フィルターの中蓋を開けてコーヒーをセットし、中蓋のねじを締めます。中蓋の締め具合でコーヒーの濃さが変わります。
② コンデンスミルクを入れたコーヒーカップの上に、フィルターを乗せ,中蓋の上から少量お湯を注いでコーヒーを蒸らします。
③ 20秒程おいてコーヒーを蒸らしたら、残りのお湯を注いで上蓋をして、コーヒー液がカップにすべて落ちるまで待ちます。
④ 抽出が終わったらフィルターをとり、予め入れたコンデンスミルクを混ぜればベトナムコーヒーの出来上がりです。

フレンチプレスコーヒーの美味しい簡単な入れ方

金網フィルターで濾すフレンチプレスコーヒーはコーヒーの油分まで余すことなく、抽出できるため、コーヒー本来の美味しさを楽しめます。
フレンチプレスは日本では紅茶を入れる器具としてよく使われていますが、海外ではコーヒーをいれる器具として愛用されています。

① あらかじめ温めておいたガラスポットの中に杯数分のコーヒーを入れ、お湯を注ぎます。
② お湯を注いだら、コーヒーとしっかりなじませ、乾いた粉がないようにします。
③ 金網フィルターを引き上げたまま、蓋をかぶせて4分程度そのまま待ちます。
④ つまみを押し下げると出来上がりです。

まとめ

朝起きてすぐ、仕事や家事の合間に…とあらゆる場面で一息つきた時に、コーヒーは安らぎをくれる飲み物ですね。どんな場面でも湯気とともにコーヒー香りを楽しみながらリラックスしたい、そんな時に簡単に美味しいコーヒーが入れられたらいいですね。ちょっとしたコツで美味しく入れることができますので、コーヒーブレイクにお役立てください。

スポンサーリンク