スポンサーリンク

煎れたてのコーヒーの香りは何とも言えず魅かれてしまいますよね。

しかし、香りは良いのに「苦くて飲めない!」という人や、「飲むとお腹が痛くなるし…」という人もいるのではないでしょうか?

でもコーヒーが飲めたらどんなにいいだろうと思うあなたに苦手克服のアドバイスでお手伝いをしましょう。

コーヒーが飲めない理由は何?

  • 苦味が気になる
  • 飲むと胃腸に不調がでる

コーヒーが飲めない理由は大きくこの二つに分けられるでしょう。

とてもいい香りで心身ともに安らぐコーヒーなのにどうして私は飲めないのだろうかというのにストレスを感じる人もいるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

コーヒーが苦いので飲めない場合?

コーヒーは大人の飲み物という認識もあるように“苦味”が特徴ともいえます。

この苦味のせいで飲めないという時は、

  • ミルクを混ぜてカフェオレにする
  • 砂糖や蜂蜜をたっぷり入れる
  • シナモンを入れる

とだいぶ苦味が和らぎます。

また、苦味をおおきく左右するのは豆の煎り方にもよります。

“深煎り”豆の香りは芳醇になりますが、苦味は強くなりますので“浅煎り”を選ぶようにしましょう。

それでも苦味が気になる場合はまず、市販のボトル入りインスタントコーヒーの加糖タイプを飲んでみてはいかがでしょうか?

こちらは豆から淹れるコーヒーとは違い、子供でも飲めるくらい苦味は少なく、飲みやすくなっています。

コーヒーを飲むと胃が痛む場合

私自身コーヒーは不得意です。飲むと気持ち悪くなったり、胃が痛んだりしますがやはりあのコーヒーの香りに魅かれて飲みたくなる時もあります。

そんな時の工夫として、

  • 空腹時は避け、何か一口食べてしばらくしてから
  • ミルクを多めに入れる

このような事を心掛けるとコーヒーが胃に直接負担をかけず、不調につながる事が減ります。

そして、自宅にいる時に毎日一口ずつ飲み、習慣づけると胃の不調も以前より減ってきたように感じるのでお腹をコーヒーに慣れさせるという事も一つの手だと感じます。

 

では、なぜ胃腸に不調を起こすのでしょう?

これはコーヒーの“カフェイン”が原因のようです。

カフェインが胃壁に刺激を与え、胃酸をより多く分泌させるために胃を傷めてしまうのです。

 

体質的なものもあり、いくらコーヒーを飲んでも影響が全くない人もいます。

そのためコーヒーで胃を傷めることがある人はカフェインが少ないものを選んだり、胃に負担をかけない方法で飲むことをお勧めするとともに、無理をしてまで飲まないという事も大事なようです。

カフェインが苦手な場合

カフェイン自体が体質的、体調的に合わないという人は

  • タンポポコーヒー
  • カフェインレスコーヒー

こちらを飲んでみてはどうでしょうか?詳しく説明しましょう。

タンポポコーヒー

タンポポの根を乾燥させて作る飲み物のことです。

コーヒーによく似た色、風味でコーヒーと区別がつかないほど良く似ていますがカフェインを含みません。

カフェインによる体調不良を起こす方、妊娠中や授乳期ママにおススメです。

カフェインレスコーヒー

カフェインを出来るだけ除去したコーヒーの事です。

中には95%以上除去したものも。

有名なコーヒーメーカーが製造している物もあり味わい、香り共にコーヒーと変わりはありません。

カフェインの刺激がお腹にくる人や、一日に何杯もコーヒーを飲み、カフェインの摂取量が気になる人におススメです。

まとめ

コーヒーは癒し、くつろぎ空間の演出をしてくれます。

人とのコミュニケーションにも一役買ってくれますよね。

自分なりに飲みやすい工夫をして、少しでもコーヒーを克服できるようになればうれしいですね。

スポンサーリンク