スポンサーリンク

みなさんはコーヒーに豆乳を入れて飲んだことがありますか?

近年、健康ブームを反映してか、コーヒーに牛乳を入れて飲む代わりに「豆乳」を入れる人たちが増えてきました。

街でよく見かける有名コーヒーショップにも「ソイラテ」としてメニューに並んでいるのをよく目にしますね。

豆乳は、スーパーマーケット、コンビニエンスストアなどで容易に手に入るので、自宅でコーヒーに豆乳を入れてい飲んでいる人も多いかと思います。

でも、実際にやってみると、コーヒーと豆乳がうまく混ざらなくて、分離したり、場合によってはもろもろの固まりができてうまくいかない、という経験もあるのではないですか?

そんな経験を元に、コーヒーに豆乳を入れると分離したり、固まる場合の対処方法と、豆乳の効能について、まとめてみました。

コーヒーに豆乳を入れると分離する原因は?

コーヒーに豆乳を入れると分離してしまう原因に次の2つがあげられます。

熱によってタンパク質が固まる

ご存じのとおり、豆乳の原材料は大豆ですよね。

大豆には豊富なタンパク質が含まれていますが、そのタンパク質は、熱を加えることによって固まってしまいます

ですので、熱いコーヒーに豆乳を入れてしまってうまく混ざらず分離したり、また豆乳そのものを熱くしてしまったことが原因で、もろもろの固まりができてしまったといえます。

酸によって凝固してしまう

タンパク質は、レモン、お酢など、酸を加えると固まります。

コーヒー豆の種類によっては、酸味が強いものもあるので、コーヒーに豆乳を入れたとき、コーヒーの酸の物質と豆乳のタンパク質が出会うことによって、固まりができてしまうことがあります。

スポンサーリンク

豆乳が分離するときの対処法は?

では、分離しないためにはどうすればよいでしょうか。豆乳は熱を加えることによって固まるので、

  • コーヒーの温度を熱くしすぎないで、豆乳を加える
  • 豆乳を温める時は、少しずつ加熱して熱くしすぎない

がポイントになります。

タンパク質は63℃で固まると言われているので、コーヒーの温度を70℃以下にしたり、豆乳も温める場合は、ちょっと熱いくらいの温度にしてコーヒーと混ぜるのがよいです。

なお、コーヒーの豆の種類によっては、酸と反応して固まってしまうこともあるので、酸味の強いコーヒーは避けて選んだほうがよいでしょう。

コーヒーに豆乳を入れる効能は?

豆乳は大豆の栄養をたっぷりと含んでいます。

そこには、

  • イソフラボン
  • 大豆たんぱく
  • レシチン
  • サポニン
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンE

など、多くの栄養素があります。

イソフラボン

その代表格のイソフラボンは、ポリフェノールの一種で、女性ホルモンに似た働きをすることで知られていて、老化防止や肌荒れ防止の効果があげられています。

また、更年期の女性に不足しがちな女性ホルモンを補うこともでき、更年期障害の症状を緩和する効果もあげられています。

レシチン、サポニン

レシチン、サポニンには、余分なコレステロールを排出する働きがあるので、動脈硬化、高血圧などの生活習慣病の予防に効果があり、過酸化脂質の生成を抑制する働きもあるので、ダイエットにも効果があります。
こうやってみていくと、豆乳にはたくさんの効能があり、女性ホルモンを補えることから、特に女性にとってはいいことずくめですよね。

まとめ

このようにちょっとした工夫で、お家でもコーヒーに豆乳を入れておいしく楽しいコーヒータイムを過ごせますね。

身体にもよい豆乳を上手にとって、元気な毎日を過ごしましょう。

スポンサーリンク