スポンサーリンク

食後の一杯やリラックスタイムに欠かせないコーヒーですが、飲んだ後の口臭に悩まされることもありますね。

人との会話も気になって集中できない事もあるのではないでしょうか?今回はこのコーヒーによる口臭の原因と解決法について探っていきましょう。

コーヒーを飲んだ後の口臭の原因と対策は?

酸味によるもの

コーヒーになくてはならないものですが、口中が酸性になると雑菌の増えやすい環境となります

ミルクや砂糖によるもの

ミルクや砂糖は雑菌の栄養となり、これも雑菌が増えやすくなります

カフェインの作用によるもの

カフェインにより利尿作用が高まり、口の中の唾液も減少します。

口中が渇くことも雑菌が増えやすく、唾液による自浄効果も減ります。

胃酸によるもの

空腹時のコーヒーは胃を荒らし、胃酸の分泌がより多くなります。

そのため胃の中から匂いが発生しやすくなります

これらの複合的な原因が重なり、口臭へとつながります。では、その対策法をご紹介しましょう。

コーヒーを飲んだ後は水を飲むor口をゆすぐ

喫茶店によってはコーヒーとともに冷水を提供してくれるところもあります。口の中に残ったコーヒーの成分を取り除きましょう。

はみがき

一番効果的な対策です。

もし、外出時で困難な場合はミント系のガムを食べることも効果的です。

舌磨き

舌には目に見えない突起物がたくさんあり、これらに雑菌や匂いの成分がくっつきやすくなります。

一日の終わりの歯磨き時に舌も優しくこすりましょう。

これは口臭予防とともに風邪のウイルスを除去する効果もあります。

スポンサーリンク

コーヒーを入れた水筒の臭いの消し方は?

エコへの関心や、自分の好みの飲み物が飲めるとのことでマイボトルの持参も多くなりましたね。

しかし、コーヒーはボトルに匂いが付きやすく不快に感じることもあります。

そんな時に効果的な洗浄方法は、

① 漂白剤

② 重曹

これら二つの方法で消臭することができますよ。では、詳しい方法を。

漂白剤の場合

漂白剤に書かれた濃度に薄めたものをタライにいれ、水筒を完全に浸します。

1時間くらいつけ置きです。

茶色い汚れや臭いもすっきり消えてしまいますよ。

赤ちゃん用の哺乳瓶消毒液も同様の効果があります。

重曹の場合

漂白剤に抵抗ある方はこちらを。ボトルにぬるま湯と大さじ1杯くらいの重曹をいれ、菜箸などで混ぜ、溶かします。

こちらも1時間くらいつけ置きますが漂白剤に比べると若干効果は薄いかもしれません。

アルミ製品には向きません。

飲み口のゴムやパッキン部分などは、製造元よりスペアが販売されているので定期的に交換すると衛生的です。

尿がコーヒー臭くなる原因と対策は?

これはコーヒーの最大の特徴である“香り”成分の「カフェ酸」というものが代謝をされ排出されるため尿に臭いを感じてしまうのです。

特に病気ではないので心配はいりません。しかし、気になるところです。

缶コーヒーでは臭いがきつく、焙煎をしたコーヒーであれば尿中の臭いは減るとの感じ方もあるので気になる方は喫茶店などのコーヒーを飲むようにするのも臭い軽減の対策となるかもしれませんね。

それでも職場など多数の人が使うトイレの使用後が気になる方は、携帯型の消臭スプレーを持ち歩くといいでしょう。

まとめ

臭いが気になるからと言っておいしいコーヒーをやめることはできませんがいくつか対策を取ることで臭いは減らせそうです。

過度に気にしすぎるとせっかくのコーヒーもおいしさが半減します、自分なりにうまく付き合っていきましょうね。

スポンサーリンク