スポンサーリンク

カフェに入ると、いろいろなコーヒーの種類があって迷ってしまいませんか?

カフェラテ、カフェオレ、カフェモカ、どこがどう違うの?

何を頼めばいいのかしら?と悩みませんか?

調べてみました。

コーヒーの抽出方法とミルクについて

%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af

コーヒーを淹れるには、2種類の抽出方法があります。

コーヒー豆をひいてお湯で抽出したドリップ式

専用のマシンを使ってコーヒー豆に圧力をかけて、コーヒーのうま味を凝縮したエスプレッソ式

エスプレッソは濃くカフェインが少ないコーヒーになります。

コーヒーに入れるミルクも牛乳を蒸気で温めたスチームミルク牛乳を蒸気熱と空気で温めながら泡立てたフォームミルクがあります。

これらの組み合わせの違いが、それぞれの違いのようです。

スポンサーリンク

コーヒーラテとは?

%e3%83%a9%e3%83%86

ラテはエスプレッソに牛乳を蒸気で温めたスチームミルクを加えたものです。

イタリア式のカフェラテは普通のミルクが使われ、日本でよく飲まれているスチームドミルクを使うのはアメリカ式です。

ふわふわの泡と優しい味わい、それになんといっても、可愛い動物や綺麗なリーフなど、いろいろなものが描かれたラテアートがなんといってもほっこりとした気分に浸れて、思わず疲れも飛んでしまいますよね。

女子同士で「かわいい!!」と言いながら飲むというイメージがあるのは、私だけでしょうか。

カフェオレとは?

%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%aa%e3%83%ac

カフェオレはフランス語からカフェラテはイタリア語から来ていますが、どちらも日本語にすると「コーヒー牛乳」「ミルク入りコーヒー」となり、「同じじゃん」と思いますが、実は「コーヒー」に違いがあります。

カフェオレはドリップコーヒーを使いますが、カフェラテはエスプレッソコーヒーを使います。

 

またミルクの量も違います。

カフェオレはコーヒーとミルクが半分ずつ。

カフェラテはエスプレッソ2割、ミルク8割です。

カフェオレに入るミルクは泡立てたものでなく、普通のミルクです。

 

フランスではカフェオレは広く一般的に飲まれているようですが、大きめのカップで飲んでいる映像をよく見ますよね。

そういえば、カフェオレカップとして売っているカップは、殆ど大きいカップですね。

寒い日にたっぷりカフェオレが入ったカップを両手で包むようにして飲むと、あったまった~♡という感じになりませんか?

コーヒーカプチーノとは?

%e3%82%ab%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%8e

コーヒーカプチーノはエスプレッソにスチームミルクと、牛乳を蒸気熱と空気で温めながら泡立てたフォームミルクを入れたものです。

エスプレッソ1対スチームミルク1対フォームミルク1の割合です。

フォームミルクの上にチョコレートパウダーがふりかけられたものが多くみられます。

コーヒーモカとは?

%e3%83%a2%e3%82%ab

カフェモカは、エスプレッソにスチームミルク、チョコレートを加えたものです。

チョコレートシロップを使うこともあります。

また、チョコレートの風味を出すためにココアパウダーを使うこともあります。

チョコレートシロップが入っているので、少し甘めになります。

エスプレッソが2割、スチームミルク7割、チョコレートシロップ1割の割合です。

 

コーヒー豆の種類にも「モカ」というのがありますが、「モカ」を使っているから「カフェモカ」というのではありません。

まとめ

コーヒーのオレ、ラテ、モカ、カプチーノについてみてみましたが、細かく違うんですね。

お店によっても異なる場合がありますので、わからない時は定員さんに効くのが一番です。

おしゃれなカフェでゆっくりコーヒーを楽しむのもいいですね。

スポンサーリンク