スポンサーリンク

柿といっても固い物や柔らかい物と色々あり好みも違えば、状態も違いますよね。

状態が違えば、それに合わせた保存方法なども違ってきますので今回は柿の状態に合わせたオススメの保存方法についてご紹介させて頂きます。

柿の保存方法は?

  • 新聞紙にくるむ
  • 冷暗所で保存

の2点が基本的な柿の保存方法です。

が、熟した柿や、固い柿がお好きな方はこの状態で保存しておくと、どんどん柿が熟していってしまうので常温での保存方法より、冷蔵庫に入れて保存されるといいでしょう。

スポンサーリンク

柿を常温保存するときの注意点は?

  • 乾燥を防ぐ
  • 直射日光は避ける

この2点に気をつける必要があります。

また、常温で保存した場合熟していない柿でも2~3日程で熟してしまうので直ぐ食べきれない程、大量にある方などは注意が必要です。

熟し過ぎてドロドロに溶けている場合と、腐っている場合の見分け方は

  • カビが生えている
  • 酸っぱい臭いや味がする
  • 異臭(悪臭)がする
  • 汁が出ている

の4点に気を付けて頂きこれ等があった場合は、腐っていますので食べないようにしましょう。

これ等の点が見つからない場合は熟し過ぎてドロドロになっているだけですので食べる事が出来ます。

しかし、食感がないのと同じなのでアイスやプリンなどに調理されるといいでしょう。

この状態の柿は、甘みがMAXになので、とても美味しいですから捨てられるよりは食される方がオススメです。

柿は冷凍保存出来るの?

柿が大量にある時や長期保存されたい時にオススメなのが冷凍保存です。

・熟した柿の場合

柿をそのまま、フリーザーバックなどに入れて、空気を抜いてから冷凍保存します。

・かための柿の場合

柿の皮を剥いてから、1口大に切ります。

ラップやビニール袋などに、小分けしてから、フリーザーバックなどに入れしっかり空気を抜いてから冷凍保存します。

・ドロドロの柿の場合

ほぐしてから、ビニール袋に小分けしフリーザーバックなどに入れてから保存します。

賞味期限は約1~2ヵ月と長期保存が出来ますがなるべく早めに召し上がるようにして下さいね。

 

また、解凍方法ですが

自然解凍」で「半解凍」状態で使うようにしましょう。

全解凍させてしまうと、ドロドロになってしまいます。

オススメの食べ方は

シャーベットやアイスなど、そのまま食べれるもの。

また、ドロドロの柿の場合はドロドロを活かしてソースとして使われるといいですよ。

まとめ

いかがでしたか?

柿の保存も色々あり、日持ちの長さはもちろんですが食感や使い方も変わってきますのでご自分のお好きな状態で召し上がれる保存方法を選んで下さいね!

スポンサーリンク