スポンサーリンク

高知よさこい祭りは愛媛の新居浜太鼓祭り、徳島の阿波踊りとともに四国の三大祭りとして人気を誇っています。

また、全国各地で開催されているよさこい祭りですが、本家本元は高知よさこい祭りです。

本家のよさこい祭りをまだ経験したことがない人は是非経験してほしいです。

今回はそんな高知よさこい祭りの日程や見どころや、有料観覧席について紹介していきます。

2016年の高知よさこい祭りの日程と場所は?

今年のよさこい祭りの日程と場所は以下の通りです。

・前夜祭

平成28年8月9日(火曜日)

この日は県知事や市長らによる開会式が行われ、昨年賞を受賞したチームが踊りを披露します。

16時30分〜 祈願祭(中央公園)

  1. 神事(玉串奉典)
  2. 関係者挨拶
  3. よさこい大賞カップ返還
  4. 踊り子隊優秀旗返還

17時30分〜22時 前夜祭

19時30分〜21時 花火大会(鏡川河畔)

・本祭

平成28年8月10・11日(水、木曜日)

この2日間は老若男女様々なチームが16ヶ所で踊ります。

  1. 11時〜22時 帯屋町演舞場
  2. 11時30分〜22時 中央公園
  3. 12時30分〜21時30分 上町、升形地域、万々、愛宕、菜園場、梅ノ辻、はりやま橋、旭、京町、秦、高知城、高知駅前
  4. 13時〜21時30分 追手筋本部競技場
  5. 18時〜21時30分 柳町演舞場

・全国大会、後夜祭

平成28年8月12日(金曜日)

今年賞を受賞したチームと県外から参加したチームと全国大会が開催されます。

  1. 12時45分〜 全国大会開会式(高知城)
  2. 13時30〜21時30分 全国大会(高知城、追手筋、帯屋町、中央公園)
  3. 18時30分〜22時 本番受賞チーム表彰、後夜祭

 

スポンサーリンク

高知よさこい祭りの見どころは?

高知よさこい祭りの見どころはダイナミックで迫力のある演出です。

約190もの団体が参加します。

そのため、サンバロック、阿波踊りなど様々な音楽を楽しむことができます。

また、ギラギラした衣装やセクシーな衣装なども見ることができます。

まるで日本版のリオのカーニバルのようですね!

 

高知よさこい祭りは全国大会も行われるため、全国各地の踊りを見ることができます。

地方車という移動可能なやぐらがあり、ここから音楽を流します。

 

個性的な地方車があり、マイクパフォーマンスがそこで行われて、よさこい祭りをさらに盛り上げます。

 

高知よさこい祭りの有料観覧席について

平成28年6月27日(月曜日)10時から販売が開始されます。

指定席:1,800円

自由席:1,300円

昼の部と夜の部ごとの販売です。

 

10,11日のよさこい祭りと12日の全国大会が対象です。

 

販売元はチケットぴあ、ローソンチケット、イープラスです。

※有料観覧席はすべて前売り販売です。前売り券が残っていた場合のみ当日券
販売所にて販売します。

※指定席は南席、北席、西席の選択は可能ですが、席の位置は選択できません。

 

高知よさこい祭りには多くの人が訪れます。

ぜひ有料観覧席をゲットして、よさこい祭りをより楽しんでください。

まとめ

高知よさこい祭は毎年工夫を凝らした衣装や音楽を見ることができ、見に来た多くの人を魅了します。

全国で行われているよさこい祭りとは一味違った盛り上がりを見ることができまいす。

四国の夏の風物詩の高知よさこい祭りにぜひ参加してみてください。

多くのチームが参加しているため、きっと自分のお気に入りのチームが見つかると思います。

スポンサーリンク