スポンサーリンク

商店街のアーケードを、いくつも連なって揺れる色鮮やかな吹き流しの飾り。

 

街を歩きながら、和紙がこすれあうシャラシャラとした音と感触で伝統行事に思いをはせる。

 

そんな風情ある夏の思い出を作ってみませんか?それならオススメは仙台七夕まつり。

 

かの有名な伊達政宗公の時代から今も続く、紙と竹の豪華絢爛なおまつりなのです。

 

前夜には市街地で打ち上げられるものではピカイチの花火も楽しめますよ。

  • 2016年の仙台七夕まつりはいつ、どこで楽しめるの?
  • 仙台七夕まつりの見どころは?
  • 仙台七夕花火まつりの有料観覧席は?

などなど、仙台七夕まつりの情報をまとめてみました。

 

ぜひ一度は見ておきたい日本のおまつりの1つですので、要チェックしてくださいね。

2016年の仙台七夕まつりの日程と場所は?

【日程】

宮城県仙台市で行われる仙台七夕まつり。毎年曜日に関係なく8月の6〜8日に開催されています。

 

2016年の日程は次の通りです。

  • 8月5日金曜日 仙台七夕花火まつり19時〜20時30分
  • 8月6日土曜日 仙台七夕まつり 観覧時間10時〜22時
  • 8月7日日曜日 同上 観覧時間 同上
  • 8月8日月曜日 同上 観覧時間10時〜21時

(観覧時間は商店街によって多少時間の変動あり)

 

【場所】

JR仙台駅を降りると目の前にある商店街からはじまって、周辺商店街全体で美しい七夕飾りを歩きながら見て楽しむことができますよ。

スポンサーリンク

仙台七夕まつりの見どころは?

そんな仙台七夕まつりの見どころは、なんといっても10メートルを超える色鮮やかで大きな吹き流しの飾りつけです。

 

他にも私たちがよく見る竹にくくりつけられた短冊や、紙衣、折鶴、巾着、投網、くずかごといった全部で7種類の飾りで街が彩られています。

 

飾りは商店街ごとにコンテストがあり、金賞・銀賞・銅賞が決められます。受賞した飾りには賞札がつけられていますので、歩きながら見つけてくださいね。

 

飾りつけの他にも、仙台市役所前の匂当公園に設置されるおまつり広場では、いろいろなステージコンサート、フードコート、天の川をイメージしたイルミネーションなどの各種イベントも計画されています。

 

付近に無料の駐車場はありません。電車やバスなどの公共交通手段か、最寄りの有料駐車場を利用してください。

仙台七夕まつりの有料観覧席について

5日の金曜日には仙台の街中で15,000発の打ち上げ花火が上がります。

 

打ち上げ場所となる広瀬川沿いや公園、仙台城周辺などから鑑賞できます。

 

有料観覧席情報は以下の通りです。

 

設置場所

  • 青葉山観光駐車場
  • 旧仙台市民プール駐車場

 

金額

  • マス席12,000円
  • テーブル席35,000円
  • パイプ椅子席3,000円

 

購入場所や方法

  • 各種コンビニエンスストア
  • チケットぴあ
  • プレイガイド仙台なびっく
  • 各種ツーリストから販売される有料観覧席付きのツアー前売り券は例年7月上旬から販売されるようです。

まとめ

この仙台七夕まつりが、お神輿担ぎなどの神社のお祭りとひと味違うのは、優雅さやおしとやかさが味わえるというところでしょうか。

 

わたしもかつて観覧した時、七夕飾りの美しさと珍しさに驚いたのを覚えています。

 

そして日常とかけ離れた豪華絢爛な光景は今も記憶に鮮やかに残っています。

 

世界一を誇る日本の星祭り、仙台七夕まつり。ぜひ一度訪れて見てくださいね。

スポンサーリンク