スポンサーリンク

今年もやってきました「同じ阿保なら踊らにゃ損々」でお馴染み阿波踊りの季節です!

毎年この時期になると開催される徳島の有名なお祭りですが、

その詳しい日時や会場、また阿波踊りの参加方法についてご紹介します。

 

2016年の阿波踊りの日程や時間は?

【日程】

2016年 8月12日~15日

 

【時間】

・有料演舞場

第一部 18:00~20:00
第二部 20:30~22:30

※2部入れ替え制。

・無料演舞場

18:00~10:30

入れ替え制なし。

 

【料金】

有料演舞場のみ入場するのに料金が必要です。

・前売り800円~1,900円(座席により料金が違います)

・当日1,000円~2,100円

 

スポンサーリンク

2016年の阿波踊りの会場は?

【有料演舞場】

・徳島市役所前演舞場

・藍場浜演舞場

・紺屋町演舞場

・南内町演舞場

 

【無料演舞場】

・両国本町演舞場

・新町橋演舞場

 

【踊り広場・おどりロード】

・新町橋東おどり広場

・両国橋南おどり広場

・元町おどり広場

・両国広場

・両国橋南詰おどりロード

※公園のステージや通りを利用した会場で無料です。

各・会場へのアクセス方法は?

【有料演舞場】

・徳島市役所前演舞場→JR徳島駅から徒歩10分

・藍場浜演舞場→JR徳島駅から徒歩5分

・紺屋町演舞場→JR徳島駅から徒歩15分

・南内町演舞場→JR徳島駅から徒歩12分

 

【無料演舞場】

・両国本町演舞場→JR徳島駅から徒歩7分

・新町橋演舞場→JR徳島駅から徒歩5分

 

【お車でお越しの方】

近隣に県営・市営駐車場がありますので、そちらに駐車されるといいでしょう。

ただ当日は交通規制なども引かれていますので、お時間に余裕をもって出発するといいですよ。

また駐車場に関しましては、付近の県営や市営駐車場に止める事が出来ます。
(車庫の数に限りがありますので、早めに止める事をオススメします)

 

【飛行機でお越しの方】

徳島あわおどり空港から徳島駅までのリムジンバスが出ています。
(約30分。運賃440円)

 

阿波踊りは誰でも参加できるの?(にわか連)

阿波踊りの踊り子グループ達の事を「連」と呼びますが、連に参加する事で練習する事が出来ます。

しかし徳島に在住の方ならまだしも他府県の方となると、あらかじめ加入し練習するのは難しいですよね。

そんな遠方の方々の為にあるのが「にわか連」です。

当日、にわか連に参加する事で阿波踊りに参加する事が出来ますよ。

にわか連に参加するには集合時間に集合場所に行く必要があります。

 

【集合時間】

8月12日~15日の間、毎日18:30と20:30の2回。

 

【集合場所】

・徳島市役所市民広場

・元町おどり広場

上記2つとなります。

参加費無料。

服装は自由ですので、当日の恰好のまま参加する事が出来ます。

早めに集会場所に行くと、有名な踊り子さんの練習を観る事ができる他
練習終了後に、踊りを教えて貰える事もあるそうなので、早めに行くのがオススメです。

また、にわか連に参加するとオリジナルのハッピを借りる事が出来ます。
(ハッピ料金:3,000円 返却時に2,500円戻ってきますので、実質500円で借りれます)

まとめ

いかがでしたか?

観るのも踊るのも楽しい阿波踊り。

毎年、大勢の観光客の方で賑わっていますね。

せっかく徳島まで来られたからには、踊らにゃ損々という事で

例年観るだけだった方も、今年あたり阿波踊りに参加されてみてはいかがすか?

グループや個人と参加人数も自由ですので、家族や友達、恋人同士で楽しめます。

ぜひお盆の期間に阿波踊りで素敵な思い出を作って下さいね!

スポンサーリンク