スポンサーリンク

青森ねぶた祭の起源は定かではないようですが、「七夕まつり」に登場する練物の「ねぶた」と言われる灯篭を流して、無病息災を祈ったのが、現在の青森ねぶたの海上運行に表れているようです。

 

東北四大祭りの一つで、短い夏のエネルギーを、一気に爆発させるような「ラッセラー」の掛け声で、大きなねぶたが練り歩く迫力満点の祭りです。

 

2016年青森ねぶた祭の日程と場所は?

【日程】

8月2日(火)~7日(土)です。

前日の8月1日には前夜祭があります。

 

8月1日 18時~21時ころ  前夜祭

19時~20時40分頃 花火大会

 

2日・3日 19時10分~21時 子供ねぶた・大型ねぶた

 

4日・5日・6日 19時10分~21時 大型ねぶた

 

7日 13時~15時 大型ねぶた

19時~21時 花火大会・ねぶた海上運行

 

【会場】

運行場所は、青森市中心市街地の青森駅前で新町通り、平和公園通り、国道4号・7号、八甲通りで囲まれた運行コースです。

 

スポンサーリンク

青森ねぶた祭の観覧席の値段は?

観覧席は10名以上の団体観覧席、9名以下の個人観覧席の2通りがあり、

団体観覧席は、

ねぶた観覧だけだと1人2600円

ねぶたと花火のセットで1人6600円です。

 

個人観覧席については、6月中旬以降に問合せ受付です。

 

その他、各旅行社でも「ねぶた祭」としてツワー旅行を発売していますので、手続きが面倒くさいと思われる場合は、旅行社を利用するのもいいかもしれません。

 

団体観覧席の料金区分の詳細については次の通りです。

2日~6日 夜のねぶた観覧 椅子席か桟敷席 2600円

7日 昼のねぶた観覧 桟敷席 2600円

7日 昼のねぶた観覧 桟敷席花火 椅子席 セットで6600円

青森ねぶた祭の桟敷席の予約方法は?

団体の申し込みは、専用の申込用紙に記入し、(公社)青森観光コンベンション協会に
直接持参するか、FAXで申込用紙を送ります。

 

1次募集(人数が確定していて人数の変更がない場合)

4月7日午前9時~4月13日

1日当たり6500席を受け付けています。

 

2次募集(人数がまだ確定していない場合)

4月19日午前9時~

1日当たり2500席を受け付けています。

 

1次募集、2次募集共に、FAXを送った後は必ず電話確認をすることが必要です。

 

個人観覧席

7月上旬から青森市内の旅行社や全国のコンビニエンスストアなどで販売予定ですが、詳細は6月中旬以降に決まります。

6月22日以降、残席がある場合は、空き状況を(公社)青森観光コンベンション協会に、直接問い合わせの上、申し込めます。その場合は、人数減や取り消しはできません。

 

(公社)青森観光コンベンション協会の住所は
🏣038‐0012 青森市柳川1‐4‐1 青森港旅客船ターミナルビル2F
TEL 017‐723‐7211  FAX 017‐723‐7215

 

まとめ

ねぶた祭をより楽しむために、観るだけでなくハネトと呼ばれる衣装を着けて、ねぶた祭に参加してはいかがでしょうか。

 

 

 

団体に属していなくても大丈夫です。事前の登録も受付もなく、自由参加です。

 

ハネトの衣装はでデパートなど10000円位で市販されている他、4000円前後で貸し出しもあるそうです。

 

夏の蒸し暑さや、日ごろのうっぷんを、一気に「ラッセラー」と吹き飛ばすのも、この夏の楽しみかもしれません。

スポンサーリンク