スポンサーリンク

夏といえば何と言っても「花火」!

 

関西〜東海を中心にとても人気の花火大会が熊野大花火大会です。

 

この熊野大花火大会は300年もの歴史を誇る花火大会です。

 

歴史があり、とても大きな花火大会なので毎年大変混雑します。

 

今回はいち早く情報が欲しい人や熊野大花火大会のことをあまり知らない人のために、大会の詳しい情報や魅力についてお届けします。

2016年の熊野大花火大会の日程と会場は?

それでは早速、熊野大花火大会の日程と会場を見てみましょう!

 

【日程】

・開催日:2016年8月17日(水曜日)

 

※予備日:8月18日(木曜日),22日(月曜日),23日(火曜日),29日(月曜日)30日(火曜日)

 

・開催時間:19時〜21時30分

 

【会場】

三重県熊野市の七里御浜海岸

 

ちなみに!三重県といえば、蛤料理や僧兵鍋、亀山みそ焼きうどん、豆腐田楽などなどたくさんグルメがあります。

 

花火大会を楽しんだ帰りに美味しい名物料理を食べるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

熊野大花火大会の見所は?

熊野大花火大会の大きな見所は、約1万発もの凝った仕掛けのある花火です。

 

鬼ヶ城の大仕掛けや三尺玉海上自爆、名勝鬼ヶ城の自爆、彩色千里菊などが多くの見物客を圧倒します。

 

花火玉の爆発音や爆風と、岩場の反射音や洞窟の反響音が合わさって普通の花火とはまた一味違った花火が楽しめます。

 

毎年見ている花火に少し飽きてしまったというそこのあなた!

必見です!!

熊野大花火大会の有料観覧席について

熊野大花火大会の有料観覧席に関する情報は以下の通りです。

 

販売日について

2016年6月1日(水曜日)〜

※購入方法については未定

 

販売席について

1マス席:10,000円

※広さ 180㎝×180㎝

※定員 5名(2歳までは人数にカウントしません)

半マス席:6,000円

※広さ 180㎝×90㎝

※定員 2名(2歳までは人数にカウントしません)

 

注意事項

  • 購入特典として、花火プログラム、オリジナルうちわ、レジャーシートが付きます。
  • 有料観覧席の場所指定はできません
  • 雨天や高波によって延期する場合でも花火大会開催日に有効となります。
  • チケット購入後のキャンセルは出来ません。
  • チケットは花火大会終了まで所持していてください。

チケットの紛失には十分気をつけましょう!

まとめ

熊野花火大会は300年に渡って多くの人々を魅了してきました。

 

長い間この花火大会が続いてきたのは、毎年違う花火が打ち上げられてきたからです。

 

熊野大花火大会の壮大なスケールと様々な特徴の花火を観れば、あなたもきっとこの花火大会の虜になるでしょう。

 

少しでも興味を持った方は、是非参加してみてください。

スポンサーリンク