スポンサーリンク

今年もこの季節がやってまいりました!

毎年100万人ほどの人が訪れるとも言われている隅田川花火大会です!

会場や日程、今年の見どころや大人気の屋形船についてご紹介します。

2016年の隅田川花火大会の日程と会場は?

今年2016年の隅田川花火大会の開催予定日は7月30日(土)、花火が打ち上がるのは19:05~20:30、会場は今年も例年通り2会場に分かれています。

 

日程について

隅田川花火大会は、毎年7月の最終土曜日に開催されていますので、今年も例年通りなら7月30日になります。

開催されるのが土曜日、多くの方は仕事も休みということで毎年100万人以上の人が集まるのかもしれませんね。

また、花火大会といえば、気になるのはお天気の影響です。

 

30日が雨天や荒天で開催中止の場合は1日順延して31日(日)、それでも開催不可能となった場合は花火大会自体が中止の予定となっています。

 

100万人がこの日に向けて、てるてる坊主を準備しておけばどちらかは晴れるはずです…!(笑)

 

会場について

今年も会場は2つに分かれる予定です。

第一会場と第二会場では、花火の打ち上がる本数やイベントなども違うので、ただ花火が見たいというだけじゃなく、がっつり楽しみたいという方は念のために両方チェックしておくといいかもしれません。

もちろんそれなりに楽しみたい人も花火が打ち上げられる場所のチェックは必須です!

 

第一会場

桜橋下流〜言問橋上流

 

 

打ち上がる花火の数:9350発

この第一会場で花火コンクールが実施されます!

第一会場で打ち上がる9350発のうち、200発が花火コンクールの花火ということになっています。

職人さんたちがこの日のために丹精を込めて作った渾身の1発が見られるので、ぜひチェックしてみてください!!

 

第二会場

駒形橋下流〜厩橋上流

 

 

打ち上がる花火の数:10650発

 

スポンサーリンク

隅田川花火大会の見所は何?

隅田川花火大会の魅力はなんといっても合計2万発打ち上がる花火と、楽しみ方がたくさんあることでしょう!

 

隅田川花火大会は東京三大花火大会の一つに数えられる花火大会で、毎年の盛り上がりようからも注目度が高いのはお分かりかと思います。

 

当然、花火職人の方々も気合が入っているはずですよね!

 

そして、東京という大都市で開催される花火大会だからこそ、さまざまな穴場スポットや楽しみ方が存在します。

 

今やネット上にある情報はスマホで簡単にチェックできるので穴場ではないと思った方がいいですが(笑)

 

もちろん有料席やスカイツリー、クルーザーや屋形船など、定番の楽しみ方もいいですよね。

 

自分だけの穴場スポット、楽しみ方を探せるというのも一つの魅力かもしれません。

 

隅田川花火大会を見るなら屋形船!

隅田川の花火大会に限らず、どんな花火大会でも、普段とは違う空間から眺めることでより一層良い雰囲気を楽しめますよね。

 

スカイツリーや浅草屋上といった大人気スポットに勝らずとも劣らない人気の楽しみ方が屋形船です。

 

屋形船から花火を楽しみたければ、例年は2ヶ月ほど前からの予約が必要になります。

 

2ヶ月も前から予約が必要ということからわかるのですが、非常に屋形船の予約を取るのは難しいのですが、水の上からゆったりと眺められる花火というのは格別ですので、苦労する価値はあるかもしれません。

 

もしかすると、毎年ここまで人気なのは1回体験した人が忘れられなくなって、また翌年も予約戦争に参加しているからかもしれませんね。

 

興味のある方はぜひチェックしてみてください!

まとめ

今年も大混雑が予測される隅田川の花火大会。

 

100万人もいれば、家族・恋人・友達、もしくはソロで楽しむ方もいらっしゃるでしょう。ぜひ自分だけの楽しみ方を見つけてみてくださいね。

 

また、屋形船やクルーザー、スカイツリーなどを利用したいと考えている方はお早めの対策が重要になりますので日程チェックは欠かさないようにしましょう!

スポンサーリンク