スポンサーリンク

今年も横浜みなとみらいの夏の風物詩、

神奈川新聞花火大会が近づいてきました。

関東でも有数の花火大会として有名な神奈川新聞花火大会。

2016年の神奈川新聞花火大会の気になる情報をまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

  • 2016年の神奈川新聞花火大会の日程と会場は?
  • 神奈川新聞花火大会の見どころは?
  • 神奈川新聞花火大会の有料観覧席について

2016年の神奈川新聞花火大会の日程と会場は?

まだ公式に日程や詳細が全て発表されていません。

発表されている範囲で紹介してあります。

 

【日程】

神奈川新聞花火大会は、毎年8月の第一火曜日

 19:00~20:15に開催されいます。

例年通りであれば、2016年の神奈川新聞花火大会も8月の第一火曜日 19:00~20:15に開催されるでしょう。

日程:2016年8月2日(火) 
時間:19:00~20:15

※荒天の場合は翌日3日(水)
神奈川新聞花火大会の可否決定は当日午前6時から電話で確認することができます。
TEL 0180-99-3939

 

【会場】

打ち上げ場所:横浜みなとみらい21地区 臨港パーク前面海上

観覧席:臨海パーク、カップヌードルミュージアムに有料席あり

 

穴場観覧スポットが多いのも神奈川新聞花火大会の特徴で、野毛山公園の展望台やポートサイド公園などが穴場スポットとして有名です。

 

ただし、立ち入り禁止エリアなどもあるので、事前に公式サイトで
立ち入り禁止エリアなど注意事項を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

神奈川新聞花火大会の見どころは?

まだ2016年の神奈川新聞花火大会の詳細が発表されていないので、毎年恒例の見どころを紹介していきますね。

  • 関東最大級の直径480メートルの巨大な2尺玉
  • 横浜市民協賛による”市民の花火”
  • 1万数千発の花火と音楽のコラボ

どれも神奈川新聞花火大会の見どころとして、毎年多くの観客を魅了しています。

さらに、

  • 火の粉がかかるのでは!?というほど間近で見られる臨場感(臨海パーク)
  • 横浜駅周辺からは夜景&花火が楽しめます。

ターミナル駅から見られる花火は全国見渡しても、神奈川新聞花火大会だけ!
見どころ満載ですね。

 

神奈川新聞花火大会の有料観覧席について

また2016年の神奈川新聞花火大会の詳細が発表されていないので、2015年の有料観覧席の情報を紹介します。

例年とほとんどかわりがないので、2016年も同じような値段や場所になると思われます。

【有料観覧席の場所】

  • 臨海パーク
  • カップヌードルミュージアム
  • 芝生席

【有料観覧席チケットの値段】

  • ・大人(高校生以上):2,600円
  • ・子供(小・中学生):500円
    ※小学生未満無料

【有料観覧席チケット購入場所】

  • ・セブンイレブンの店頭マルチコピー機
  • ・サークルK・サンクス店頭のKステーション
  • ・チケットぴあ

【市民の花火協賛席】

  • A協賛
    場所:内貿(耐震)バース
    協賛金額:1口 7,200円
    チケットは1口につき1枚、飲み物&お菓子付き
  • B協賛
    場所:臨海パーク
    協賛金額:1口 7,200円
    チケットは1口につき1枚、飲み物&お菓子付き

花火鑑賞券に関するお問い合わせ
045-681-3906

※上記は全て2015年の神奈川新聞花火大会の情報です。

まとめ

神奈川新聞花火大会は人気のみなとみらいで行われるだけあって毎年大変混雑します。

実は、みなとみらいのホテルからも観賞することができるんです。

お金に余裕があるなら、ホテルから花火を観賞するのもオススメですよ!

スポンサーリンク