スポンサーリンク

少し前から耳にするようになった、バセドウ病。

名前は聞き覚えがあるけれど、一体バセドウ病ってどういう病気?

何科に行って、どんな検査を受けたらいいの?

保険は効く?検査や治療はどんな事をするんだろう?

そんなバセドウ病の疑問について、まとめてみました。

バセドウ病の検査は何科に行けばいいの?

 

バセドウ病とは甲状腺の病気で、甲状腺ホルモンが過剰に作られ、様々な症状を引き起こす自己免疫疾患のことです。

甲状腺疾患の中でも発症が多く、20~30代の女性に多いといわれています。

  • 体重減少
  • 疲れやすい
  • 動悸・息切れ
  • 手の震え
  • 発汗過多
  • 眼球突出

など、症状の多くは若年層に自覚症状が出やすく、中年層になると甲状腺の形が変形し、症状が出にくくなることも。

もし自分が「バセドウ病かも?」と思う場合は、内科か内分泌科を受診してみてくださいね。

スポンサーリンク

バセドウ病の検査は保険が効くの?

 

バセドウ病の検査費・治療費には健康保険が適用されます。

検査内容は主に下記の内容となります。

  • 血液検査
  • 超音波検査
  • アイソトープ検査

血液検査

血液中の甲状腺ホルモンの量やTSH受容体抗体の有無をはかります。

超音波検査

甲状腺の大きさやしこりの有無を調べます。

アイソトープ検査

血液検査で判断がつかない場合に行います。

ヨウ素のアイソトープ(放射性ヨウ素)を服用し、甲状腺にどの位の量が集まるかを検査します。

場合によっては、MRIを行うことも。

保険適用で検査をした場合、検査費用は下記を目安にしてみてくださいね。

  • 血液検査 5千円~1万円
  • 超音波検査 5千円
  • MRI 1万円

バセドウ病の治療方法は?

 

バセドウ病にはいくつかの治療方法があります。

  • 薬を使用する
  • アイソトープ療法
  • 手術

薬を使用する

メルカゾール・プロパジール・チウラジール等の抗甲状腺役薬を使用します。

薬によって甲状腺機能が回復したからといって、すぐに薬の中断をしてしまうと、再度かかってしまうことも。

そのため、最低でも2~3年間位は継続して使用することが多く、治療中は数か月ごとに血液検査を行います。

アイソトープ療法

放射線ヨウ素を内服し、甲状腺を内側から直接治療します。

ヨウ素には甲状腺に集まる特徴があるので、甲状腺の細胞を減少させる効果があり、副作用や合併症はほとんどないといわれています。

眼球突出などの症状が出ている場合は、アイソトープ療法は行えないことも。

手術

甲状腺を摘出して、甲状腺ホルモンを減らします。

再発をのリスクを減らすためには甲状腺をすべて摘出するか、ほぼ摘出してしまうことになります。

ただし甲状腺をすべて摘出してしまうと、甲状腺機能低下症が現れることもあり、薬の内服が必要となることも。

手術には入院が必要ですが、治療効果は短期間で得られます。

しかし手術を受けた人のうち数人は、またバセドウ病が再発する可能性もあります。

まとめ

バセドウ病は難病のイメージがあったりしますが、適切な治療を行うことで症状を緩和でき、通常の生活をおくることができます。

もし気になる症状があるようでしたら、早目に病院へ行きましょう。

治療法もいくつかありますので、症状等に合わせて医師に相談し、自分に合った治療法を見つけてくださいね。

スポンサーリンク