スポンサーリンク

法事や結婚式、二次会の招待状などに「平服でお越し下さい」と記載されているものがありますね。

平服と書かれていても、どんな服装なの?と疑問に感じられた事ありませんか?

今回男女別の平服についてはもちろんですが、法事の際に気を付けるポイントも合わせてご紹介したいと思います。

平服とはどんな服なの?

よく結婚式や披露宴、または法事などの案内で使われたりする言葉ですから日常生活では耳にする機会も少なく、馴染みのない方も多いかと思われますが礼服や喪服のようにかしこまった格好とは違い、その場に適した服装の事を平服を言います。

別名、略礼服や略喪服とも言います。

平服=普段着と、たまに勘違いされる方がおられますがこちらは間違いであり、大変失礼な事にもなりますので注意しましょう。

スポンサーリンク

女性の平服は?

  • スーツ
  • ワンピース
  • シャツ、膝丈のスカート(ジャケット)
  • パンツ、ジャケット

などが挙げらます。

 

露出の高いものはNGとなりますので着用しないようにしましょう。

また黒や紺だけといった地味な物ばかりではなく、カラーを取り入れても構いませんが入れ過ぎて派手になりすぎないように気を付けましょう。

イメージ的には「上品な感じ」と考えて頂ければ分かりやすいかと思います。

ただし、いくら上品にしていても結婚式や披露宴に「白」で行ってはいけません!

式の主役は花嫁です。

花嫁より目立たない為にも「白は避ける」という暗黙のルールがある事を忘れずに!

シャツだけ、小物だけといった使い方をする分には◎

男性の平服は?

  • スーツ
  • ジャケット、シャツ、ネクタイ、パンツ

などが挙げられます。

高級な場所や目上の方がいる場合ですと、ベルトや革靴、ジャケットなどを使い上品なコーディネートを心がけましょう。

同窓会や二次会などの場合なら、ノーネクタイやポロシャツにジャケットでも十分ですよ。

法事の平服で気を付ける事は?

突然○○さんが亡くなりましたと連絡を受ける場合がありますよね?

その際「喪服じゃなくてもいいから」といった言葉を聞かれた方もおられるかと思います。

急な訃報の知らせや、法事などで平服を着用される場合いくつか気を付ける必要があります。

 

【女性の場合】

  • スーツかワンピースを着用する。
  • 色は黒や紺、グレーなどの地味な色を選ぶ。
  • アクセサリーは、結婚指輪など特別な物以外は基本つけない。
  • 鞄などの小物は派手なものは避ける。
  • 黒系のストッキングを履き、肌の露出は避ける。
    (またいくら黒系だからといっても網タイツや柄入りタイツなどはNGです)
  • 白は避けましょう。

 

【男性の場合】

女性と違い、普段の平服と恰好は同じです。

  • 色味は、黒か紺、グレーなど落ち着いた色を選ぶ。
  • スーツ自体に柄がない物を選ぶ。
  • ネクタイは黒地じゃなくてもいいですが、地味な物や地味な柄を選ぶ。
    (ビジネス用はNGです)
  • ベルトや靴などは黒で統一する。
  • 金属でピカピカ光る小物はNGです。
  • 動物柄のジャケットは殺生を連想させるので避けます。

まとめ

いかがでしたか?

結婚式や法事などでしか耳にする機会がなかった平服ですが現在ではアルバイトの面接などでも着用されるなど以前よりずっと耳にする機会が増えていますね。

同じ平服でも、着用される状況により色味などが異なりますのでその場その場に応じた服装を心がけるようにしてくださいね!

スポンサーリンク