スポンサーリンク

だんだん気温が高くなり夏の気配が近づいてきましたね。

夏と言えば海やプールはもちろん、花火やキャンプなどが楽しめる時期ですね!

でも、それと同時に気になるのがメイク崩れです。

朝バッチリお化粧していても、気づけば崩れているなんて方も多いはず!

そこで今回崩れにくいメイク方法や、メイクが崩れる原因、また崩れた際の対処法などをご紹介したいと思います。

夏にメイクが崩れる原因は?

化粧崩れの大きな原因は

  • 乾燥
  • 皮脂

などの理由が挙げられます。

汗によるメイク崩れは、そのまま汗(=水分)によりメイクが落ちてしまうのです。

乾燥による化粧崩れは、エアコンなどで空調された室内と外との環境が違ってしまい周りの空気が乾燥しています。

それにより、肌の水分が吸収され保湿力が低下した状態となり、粉を吹いているような状態になってしまうのです。

特に夏場の場合、冷房を強くかけすぎてしまう傾向がある為、冬場より乾燥が進みやすくなっているます。

 

皮脂による化粧崩れは、夏は毛穴が開きやすく、肌の表面に皮脂が浮きやすくなっています。

それにプラスして、紫外線やホコリ、乾燥などで保湿力が下がってしまい、それを補おうと肌から更に皮脂が分泌されてしまいます。

これにより毛穴から出た皮脂に、油分で出来た化粧品(ファンデーションなど)が弾かれてしまい崩れていってしまうのです。

 

夏は、汗のみではなく乾燥や皮脂によっても化粧崩れが起こってしまいますので、これら3つの理由に対して対策する必要があると言えます。

 

スポンサーリンク

夏のメイク崩れにはベースが重要?

夏のメイク崩れを防ぐ為に、重要な役割を果たしてくれるのがベースメイク(=化粧下地)です。

ベースメイクによるメリットは

  • お肌を紫外線や乾燥などから守ってくれる。
  • お肌の色を補正してくれるので肌の色にムラがなくなる。
  • お肌を整え化粧の持ちをよくしてくれる。
  • お肌の凹凸を補い滑らかにしてくれるので毛穴が目立たない。
  • 毛穴に化粧品が入るのを防いでくれる。
  • 化粧を落とす際に、肌へのダメージを防いでくれる。
  • 余分な脂分を防ぎ、化粧崩れを防いでくれる。

などが挙げられます。

化粧崩れの原因となる、乾燥や皮脂を防ぐ他、見た目が綺麗になる事や、洗顔で受ける肌へのダメージも減らせます。

皮脂バランスをうまく調整してくれるベースメイクは、夏場ほど必須といえます。

 

夏のメイク崩れの対処法は?

1.ベースメイクをする前に、スキンケアをしっかり行う。

※スキンケアを行う事で乾燥を防ぐ事が出来ます。

またその際の手順は→化粧水→美容液→乳液→クリームで行いましょう。

 

2.スキンケア終了後、すぐにメイクをせず時間を置く。

※すぐにメイクをすると肌がべたついてしまい化粧崩れの原因となります。

大体朝食が食べ終わる頃まで置くといいです。

また、時間を置いた後ティッシュで、1度顔を軽く抑える手間を入れると、余分な水分や脂分を取る事が出来ますよ。

 

3.ベタつきがなくなったらベースメイクをします。

※日焼け止めも塗られる方は、先に日焼け止めから塗り、その後化粧下地を塗って下さい

 

4.普段通りの化粧をします。

※パウダーファンデーションは乾燥の原因にもなりますので、リキッドタイプがいいでしょう。

また、ファンデーションを塗る際は必ずパフを使って均等に伸ばすようにして下さい。

こうする事で肌に密着し化粧を崩れや厚塗りを防ぐ事が出来ますよ。

汗対策として、汗をとめる為に水分を補給してしまうと、逆に汗が出てしまいますので、氷を1つ2つ食べる方が効果的です。

 

また日頃から運動をされる事で、顔にかく汗の量を減らす事が出来ますので、こちらの対策も合わせてされるといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

夏場は化粧崩れをおこしやすく、女性にとっては悩める季節でもあります。

そんな時期だからこそ、普段のお化粧にひと手間加え、丁寧に仕上げる事でメイク崩れを防ぐ事が出来ますよ。

ぜひ一度試してみて下さいね!

スポンサーリンク