スポンサーリンク

卒業式シーズン、日ごろの感謝を込めて花を贈りたいと思っても、ちょっとしたプレゼントや、たくさんの人に贈りたい場合など、花束を贈るほどでもない場合もあります。

そんなときは、手軽なプチギフトとして一本の花を贈るのもいいですよね。

手荷物が多くなる卒業式では、きれいにラッピングされた一本の花は、持ち帰りもしやすく喜ばれます。

では、卒業式で一輪の花を贈るとしたら、どのくらいの予算でどんな花があるのかをご紹介します。

 

卒業で贈る一輪の花はなにがいい?

 

卒業式シーズンの3月ごろは、花の種類もたくさん出回る季節なので、一本の値段が手ごろな花もたくさんあります。

比較的どこの花屋さんでも取り扱っており、なおかつ値段も手ごろなのでおすすめしたい花がこちらです。

 

  • チューリップ(200円~300円)(博愛、思いやり)
  • ガーベラ  (150円~300円)(白→希望、赤→常に前進)
  • スイートピー(100円~200円)(門出)
  • マーガレット(150円~300円)(信頼、誠実)
  • フリージア (150円~300円)(期待)

 

花屋さんに当日頼むと、ほしいと思っていた花の本数が足りなかったり、ラッピングに時間がかかってしまう場合がありますので、前もって本数や予算がわかるのであれば、事前に頼んでおきましょう。

 

スポンサーリンク

贈ってはいけない花ってあるの?

菊は素敵な花ですが、不祝儀の場で扱われることが多いので避けましょう。

また、花を贈る際に注意したいのが花言葉です。

例えきれいな花であっても、ギフトにふさわしくないものがあります。

 

  • アネモネ→見捨てられた
  • クロユリ→呪い
  • スイレン→滅亡
  • アジサイ→無情
  • マリーゴールド→嫉妬、別れの悲しみ

 

ちなみに、白いチューリップの花言葉は「失われた愛」です。

このように、花の色によって花言葉が違う場合もあるので注意が必要です。

気になるのであれば、花屋さんに相談したり、希望の花や色がある場合は事前に調べておきましょう。

 

花のラッピングの仕方は?

ラッピングは、花を注文する際に花屋さんにお任せして一本ずつラッピングしてもらうと安心です。

定番は、透明のセロファンで花を包み、持ち手のところをリボンでとめる方法です。

シンプルですが、花が一本の場合、花の存在感がしっかりと感じられます。

カラーペーパーやシンプルな模様のペーパーをセロファンに入れて包む方法もあります。

また、リボンの色を花に合わせたり、渡す人のイメージカラーにしたりすると喜ばれるかもしれません。

要望がある場合は注文する際に花屋さんに伝えましょう。

 

まとめ

一輪の花には、小さくてもインパクトのある力強さと美しさを感じます。

あえて花束にせずに一輪だけにすると、特別な気持ちが込められているのが伝わります。

大勢に渡すときも、一輪ずつなら手軽に渡せるのもいいところですね。

卒業式に渡された花は思い出に残ります。

その花を選んだ理由や感謝の言葉を簡単にカードに書いて一緒に渡すのも手です。

渡す人への思いを込めた、素敵な花を贈りましょう。

 

スポンサーリンク