スポンサーリンク

わが子の晴れの門出、卒業式。

親としてもマナーに気を使いますよね。

一般的には真珠を身につけている方が多いようですが、ダイヤでも大丈夫?

そんな疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

今回は卒業式に使えるアクセサリーについて、わかりやすくまとめてみました。

卒業式間際に焦る事のないよう、事前に準備をしておいてくださいね。

卒業式に、ダイヤのネックレスはあり?

フォーマルの時に使用するアクセサリーには、やはりマナーがあります。

「昼の時間帯に行われる時は、光りものはつけない」というのが、一般的なマナーです。

卒業式はお祝いの場になり、フォーマルにあたります。

昼間のフォーマルな席にダイヤモンドやラインストーン、ゴールド等を付けていくと、マナーを知らないと思われてしまうことがありますので、気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

なぜ真珠のネックレスが多いの?

真珠のアクセサリーは品がよく、フォーマルな式に適しています。

暗い印象になりがちなブラックフォーマルに、綺麗な真珠のアクセサリーを見につけるだけで、華やかさが出ます。

上品でフォーマルに適し、誰でも身に着けやすいのが真珠なのです。

卒業式にオススメのアクセサリーは?

卒業式にオススメのアクセサリーは、下記の2つです。

  • コサージュ
  • 真珠のネックレス

コサージュ

コサージュは本来、お祝いの席での服装を引き立たせるために身に着ける、装飾品です。

コサージュを胸元につけるだけで、シンプルなフォーマルの衣装が華やかになります。

お値段もお手頃で、高くても数千円と購入しやすい価格となっています。

そのため卒業式や入学式のアクセサリーとして、とても人気があります。

卒業式のダーク系のフォーマルに合わせるには、ホワイト・ベージュ・ピンク系が適しています。

真珠のネックレス

真珠のネックレスは程よい光沢で顔周りが明るく見え、年齢に関係なく好まれるアクセサリーです。

卒業式や入学式のような、華やかさを求められるフォーマルにはぴったりです。

卒業式には、ホワイト・グレー・パステルピンクなどの色が適しています。

小さすぎるとカジュアルすぎ、大きすぎると派手になってしまうので、8ミリ位が使用しやすいです。

一連のパールのネックレスでは少し寂しいと思う場合は、イヤリングやピアスとのセット付けもオススメです。

まとめ

真珠のアクセサリーは卒業式に限らず、冠婚葬祭にも使用できます。

一つ持っていると、きちんとした式に出席する時に重宝します。

卒業式に着ていく服は決めたけれど、アクセサリーはどうしよう?と直前で焦る事のないよう、一度服装に合わせて雰囲気を見ておいてくださいね。

スポンサーリンク