スポンサーリンク

毎年どこかで必ず被害の出る台風。しかもその規模は近ごろ大きくなっている!

知ってましたか?原因は地球温暖化の影響だとも言われていますが、海面の温度が高くなっているからなんですって。

まだ私たちが体験したことのないスーパー台風やハリケーン規模のものが、いずれ日本を襲うかもしれないという専門家もいます。

そうでなくても浸水や、停電を引き起こす台風。

家の中や、家の外の備えはどうしていますか?

台風の時に必要なものを備えていますか?

いまいちど、台風の備えを見直してみましょう。

台風の時の家の中の備えは?

停電や、浸水に備えておく必要があります。

  • 携帯電話や、タブレット、ノートPCなどを充電
  • 懐中電灯と、予備の電池を準備
  • カセットコンロとガスの準備(特にオール電化住宅の場合絶対に必要です)
  • 大事な家財や家電などは、二階や高い場所へ移動させておく
  • もしもの時のためにお風呂にお水をためておく
  • 避難持出袋を用意しておく

 

外出は控えるべきですので、事前に食料を買っておきましょう

 

雨戸を閉め、ものが飛んできて窓ガラスが割れてしまうのを防ぎます。

 

雨戸がない場合は、布テープや養生テープなどで補強し、カーテンを閉めておきます。

 

ちなみにこれは特殊な状況ですが、古い家でトイレが汲み取り式の場合もあることでしょう。

事前に汲み取っておくことをオススメします。

これを書いている私ごとですが、昔そういう家に住んでいたことがありまして、台風の間じゅうヒヤヒヤしたことがあります。

そういう古い家は、おそらく窓も木枠ですので水が染み入ってくるんですよね。古い布などを敷いて畳や床を守りましょう。

スポンサーリンク

台風の時の家の外の備えは?

飛びそうなものや、剥がれそうなものに気をつけましょう。

  • 植木鉢やゴミ箱:家の中や、物置へ
  • ベランダなどの物干し竿:下におろしておく
  • ガスや看板:針金やロープなどで補強
  • 地デジなどのアンテナ:針金などで補強
  • 排水溝や、雨どい:ゴミを取り除き、通りを良くしておく
  • 物置やカーポートなど:屋根材などの補強
  • 土のう袋などの準備
  • 瓦や外壁の点検:シーズン前に修理しておく

 

最近は家庭菜園を楽しんでいる方も多いですよね。

台風後に折れていたりすると悲しくなります。

トマトなど背の高い野菜は、支柱を深く刺して、野菜の茎をしっかりと固定しておきましょう。

逆にキュウリなどツルの広がる野菜は、支柱を一旦抜いて、地面に這わしておくようにするといいですよ。

防風シートなどで囲むのもけっこう効果があるようです。ですが、取り付けが甘いと、逆にシートが飛んで野菜を傷めるのでご注意を。

台風の時に必要な物は?

上に書いたように、水や食料、そして停電に備えて懐中電灯や、カセットコンロの準備は必ずしておきましょう。

モバイルバッテリーなどもあると便利です。

 

【非常用持出袋の中身】

  • 水や食料(できれば3日分)
  • 着替えやタオル
  • ライター、マッチ、ロウソク
  • 携帯ラジオ
  • 薬や包帯
  • 保険証などの重要書類
  • 生理用品
  • 赤ちゃんがいるなら粉ミルク、紙おむつ

まとめ

避難指示などが出た時に、スムーズに避難できるようにしておくことは大切です。

いつも通る道が浸水して通れないこともあり得るので、普段から道路の地形や建物を確認しておきましょう。

市役所に行けば、ハザードマップなどが置いてあるので情報を集めておくことができます。

台風にぴったりの、昔の人の名言がありますよね。

『備えあれば憂いなし』

スポンサーリンク