スポンサーリンク

運動会は一年に一度の大イベントですよね。

その運動会で悩まされるものが“応援ファッション”です。

特に小学生の女の子の間では「○○ちゃんのパパってかっこいいね」「あのママっておしゃれだよね」とこっそり噂されることも多々あります…そんなチェックも合格の服装選びのポイントをご紹介します。

運動会のパパの服装の選び方は?

まず、基本は“Tシャツ”“ポロシャツ”をメインに考えましょう。

今まで見てきた運動会ではほとんどのパパがチョイスしています。

みんな同じに見えるじゃないか。

だとか、目立たない。

という見方もありますが“体が動かしやすい”ことを頭に置く必要があります。

競技に参加する予定が無くても応援って意外に動きが生じるのです。

あちこちに動く競技者を追って運動場を移動したり、立ったりしゃがんだりと大忙しです。

ストレッチの効いた素材にするとストレスなく過ごせますよ。

そして、ボトムとして合わせるのはチノパンやデニム、もしくはハーフパンツが良いでしょう。

どれも行動的なシーンで活躍するものです。

シンプルだけれどどれも好印象です。

中にはリレーに参加するといった方もいるでしょう。

そういった方はジャージもしくは短パンにスパッツといった本格陸上スタイルでも大丈夫です。

スポンサーリンク

運動会のママの服装の選び方は?

パパの服装同様、シンプルで動きやすいものが一番ですが女性はおしゃれにもある程度こだわりますよね。

一番のお勧めはTシャツに流行りのボーイフレンドデニムの組み合わせです。

ボーイフレンドデニムは流行ファッションの一つでもあるものの、ゆったりとした作りのため非常に動きやすく快適です。

また、くるぶしより少し上の丈なので見た目も涼しげです。

動きやすさをスカートで出したい方には少しタイトなひざ上スカートにスパッツを履くとおしゃれ感を出しつつも動きやすさのある服装になります。

どちらのスタイルにも靴はスニーカーが似合います

スニーカーもハイカットタイプのものよりもローカットの方が脱いだり履いたりが楽でしょう。

運動会でNGな服装は?

パパ、ママ問わずやはり動きにくそうな服装はNGでしょう。

例えば、

  • 革靴、ヒール靴
  • ジャラジャラとしたアクセサリー
  • ストリート系のだぼっとした服
  • かっちりしたジャケットを羽織るファッション
  • フレアスカート

こういった物は避けるようにする方が無難です。

女性は流行ものが多く、最近では“コンビネゾン”“ガウチョ”や“スカーチョ”といったラクチンファッションもありますよね。

しかし、あまりこれはおすすめできません。

着ている本人としては動きやすいのですが、周囲から見るとおしゃれ感が出すぎていて運動会にはふさわしくないと感じる人もいますし、何といってもお手洗い時に手間取ります。

まとめ

運動会にふさわしい服装は周囲にも好印象を与えます。

また、動きやすい服装をすることによって応援に集中でき、応援後の疲労感もずいぶん軽減できるものです。

たくさんの人が集まる時にこそTPOにあった服装を選ぶことが出来たらいいですね。

スポンサーリンク