スポンサーリンク

 

誰にでもあって、普段はあまり気にすることのない、ほくろ。

でも、ふと気づいたら触ると痛いほくろが。

どうして、ほくろが痛くなるの?

なんとなく腫れてる気もするけど、ほくろが腫れた場合はどうしたらいい?

病院で診てもらうとしたら、何科で診てもらったらいいの?

今回はそんな、ほくろに異常があらわれた場合について、まとめてみました。

 

ほくろが痛い原因は?

ほくろは、メラノサイトという細胞が集まってできています。

そして紫外線を浴びると、メラノサイトは紫外線を浴びた皮膚を守ろうと集まり、ほくろになります。

さらに遺伝によって出来やすい人もいれば、ストレスや疲労が原因で出来る事も。

そうして出来たほくろは、時に痛みをともなう事もあります。

  • 洋服で擦れたり、下着等で圧迫される
  • ほくろだと思っていたものがイボで、隆起している部分が擦れたり圧迫される

など、ほくろが痛くなる原因はいくつかあります。

普通のほくろは良性であることがほとんどです。

ただ痛みや痒みがあるだけではなく、出血や炎症がある場合は悪性のほくろの可能性もありますので、一度診てもらってくださいね。

 

スポンサーリンク

腫れた場合の対処法は?

基本的に、ほくろは大きくなるものです。

ペースが遅いので普段はあまり気がつかないのですが、ほくろは年齢を重ねていくと、少しずつ膨らんで大きくなっていきます。

そしてそういうほくろは、特に治療は必要ありません。

ほくろが腫れる時は、細菌などに感染して炎症を起こしている時です。

この時は、ほくろの周りが赤くなったりしてしまうことも。

炎症を起こして腫れてしまった時は

  • 塗薬などで炎症をおさえる
  • 服などでこすらないようにする
  • 紫外線にあまりあたらないようにする

など、ほくろに刺激を与える事はできるだけ避けることが重要です。

ほくろが腫れた!と思っていたら、実はイボだった、ということもあります。

ただ短時間で腫れたり、何もしなくても出血したりした場合には、早目に一度診てもらってくださいね。

 

何科にいけばいいの?

ほくろが痛い・腫れたなどのトラブルが起きた場合は、皮膚科か形成外科で診察して貰えます。

ほくろの除去もして貰え、良性か悪性かの診断もして貰えます。

もしほくろの除去・切除のみを希望している場合は、美容外科でも大丈夫です。

 

まとめ

ほとんどのほくろは良性なので、あまり気にしすぎないでくださいね。

特に気になることもなければ、除去や切除の必要もありません。

ただし、短期間で大きくなった場合や出血している場合は、悪性の可能性もでてきます。

もしも気になる症状があるようでしたら、一度病院で診てもらってくださいね。

 

スポンサーリンク