スポンサーリンク

小学・中学・高校生活を送っていると必ずあるのが修学旅行^^

修学旅行は学校生活の中で一番思い出として残り、友達と一緒に行動が出来るのが楽しいんですよね^^

 

しかし、修学旅行となると女の子には一つ悩みが出来てしまいますよね^^;

その悩みが生理!!

生理が来るとお風呂はどうしたらいいのか不安になってしまうんですよね^^;

 

そこで修学旅行と生理の日が重なった時、お風呂はどうすればいいのか紹介していきたいと思います♪

 

生理中にお風呂に入っても大丈夫?

人によっては「お風呂は我慢だよね^^;」とか「入っちゃ駄目!!」など言う方が出てきますよね^^;

しかし、決してお風呂に入ってはいけないという決まりは無いんですよ^^

 

ただし、生理中に皆が入る湯船の中に入るのはマナーとしてダメなので、シャワーだけで済ませるようにしないといけないですね^^;

どうしても入りたい場合はタンポンという手も考えてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

生理中にお風呂に入る方法は?

生理中でもお風呂に入っても良いということは分かったけれど、皆と一緒に入るのに抵抗が・・・。

という方もいると思います^^

私も、学生の頃に修学旅行の日と生理が重なってしまい、皆と一緒に入るのは抵抗ありました^^;

 

なので、修学旅行で引率してくれている女の先生に相談すると良いですよ^^

女性の方なら先生も事情が分かっているので、皆とお風呂の時間をずらしてくれたりと対応してくれますよ^^

私も先生に相談したら時間をずらして貰えました^^

 

生理中のお風呂の注意点

生理中で一番困るのが、経血が垂れてくること・・・。

家ならまだしも、旅館やホテルで垂らして汚してしまった。なんてこと、したくないですよね^^;

 

そこで、お風呂に入る前にトイレに行ってタンポンを付けていけば、ショーツも恥ずかしくなく脱げて汚れることなく入ることが出来ます^^

お風呂から出たら、トイレに行ってタンポンを取ってナプキンに交換すれば人目も気にしなくていいですよ^^

 

また、タンポン持っていないという人は、入る直前にトイレで新しいナプキンに替えて出た時にすぐに履けるようセットしておくと良いですよ^^

私も、生理が来た時はこの方法でやっています^^

 

生理を調整するのに薬はダメ!

修学旅行と生理が重ならないようにずらす方法として、ピルという薬を服用することがあるようですが、決して薬局などで売っている市販のピルは使わないでくださいね^^;

 

薬局などで売っている薬は大人用なので、まだ成長が未発達な学生の子が使うと副作用が大きく出てしまうようです^^;

例えば、生理を遅らせるはずが早めに来て重なってしまったり、いつもよりも出血の量が酷くて貧血になり倒れてしまう・吐き気などと言った体調不良を起こすなどたくさんの副作用が挙げられます。

 

そうなってしまうと、折角の修学旅行も楽しめるどころか行くのも辛くなってしまうなんてことも・・・。

 

なので、決して薬を使って調整するのはやめてくださいね^^;

 

どうしても調整したい!!という方は産婦人科に行って相談して、薬を貰うかどうするかを判断した方が良いですよ^^

 

まとめ

修学旅行を楽しむために、万が一生理が来てしまったら先生に相談してお風呂の時間をずらして貰うようにしてみてくださいね^^

また、お風呂に入ることは決した駄目ではないですが、湯船に浸かるのはマナーとしてダメなので気を付けてくださいね^^;

 

スポンサーリンク