スポンサーリンク

夏の風物詩である五山送り火は京都四大行事の一つに数えられています。

そして今年も五山送り火が京都で行われます。

京都四大行事の一つということもあり毎年たくさんの人がこの行事に訪れます。

早く情報をゲットして予定を立てたい方も多くいると思います。

また、興味はあるがまだ見たことのない方も多いと思います。

そこで今回は日程や場所、見所について紹介します。

2016年の京都五山送り火の日程は?

今年の五山送り火は平成28年8月16日(火曜日)に行われます。

点火時間は以下の通りです。

  • 大文字:20時点火
  • 妙法:20時05分点火
  • 船形:20時10分点火
  • 左大文字:20時15分点火
  • 鳥居形:20時20分点火
スポンサーリンク

京都五山送り火の場所は?

五山送り火の場所は以下の通りです。

  • 大文字:京都市左京区浄土寺、大文字山
  • 妙法:京都市左京区松ヶ崎、松ヶ崎西山と東山
  • 船形:京都市北区西賀茂、西賀茂船山
  • 左大文字:京都市北区大北山、大文字山
  • 鳥居形:京都市右区嵯峨鳥居本、嵯峨曼茶羅山

 

観覧スポットは以下の通りです。

・大文字

  • 鴨川堤防の西側
  • 出町柳の三角州周辺
  • 吉田山公園
  • 竹中稲荷神社
  • 京都御苑
  • 清浄華院
  • 船岡公園

 

・妙

  • 北山通
  • 宝ヶ池公園
  • 高野橋
  • 出雲路橋

 

・法

  • 北山通
  • 松ヶ崎浄水場
  • 松ヶ崎大黒天交差点
  • 高野橋
  • 出雲路橋

 

・船形

  • 加茂川堤防の東側
  • 船岡山公園
  • 北山通

 

・左大文字

  • 西大路通
  • わら天神
  • 平野神社
  • 船岡山公園

 

・鳥居形

  • 渡月橋
  • 嵐山公園中之島地区
  • 嵐山東公園
  • 広沢池
  • 松尾橋
  • 法輪寺

 

また、送り火が複数見られるスポットもあります。

  • 吉田山公園
  • 船岡公園
  • 東山山頂公園
  • 京都御苑
  • 北大路橋
  • 西大橋

この複数見られるスポットは人気が高いため混雑したり、送り火がはっきり見えなかったりします。

 

京都には多くの観光スポットやグルメがあります。

五山送り火を見るついでに京都観光をするのもいいですね。

京都五山送り火の見所は?

ここからは五山の送り火の見所はについて紹介します。

大文字

五山の中で一番最初に点火します。文字の形が細長く美しいことから【女性型】と呼ばれています。

「南の流れが良いか」、「北の流れが良いか」、「字頭よいか」、「一文字よいか」という掛け声とともに一斉に点火されます。

妙法

妙法それぞれが松ヶ崎法送り火保存会長の合図とともに同時に点火します。

妙のある万灯籠山では、涌泉寺の住職や保存会員が読経を行います。

船形

別名「精霊船」とも呼ばれています。

若中が合図とともに親火からの火を移し、受け持つ各火所に走って瞬く間に送り火が点火します。

左大文字

東山の大文字に対して左側に見えることから左大文字と呼ばれています。

また東山の大文字と比べて、太くて逞しいため【男性型】とも呼ばれています。

鳥居形

愛宕山への参道にある鳥居が由来となっています。

五山の中でも最も勇壮で美しいとされています。

どの送り火も迫力があり美しいです。

中でもやはり一番人気の大文字はぜひ見てほしいです!

まとめ

京都の夏空を彩る京都五山送り火。

由来や起源は謎に包まれているものの、今は京都だけでなく日本を代表する行事になっています。

一年で一回しか見ることのできません。

ぜひ一度は見てみてください。

スポンサーリンク