スポンサーリンク

子供の健やかな健康をお祝いする七五三。

晴れの日だからこそかわいく、きれいにおめかしをして記念に残る日にさせてあげたいですよね。

女の子は特に服装の他にも髪型で悩むご両親も多い事でしょう。

今回はそんな七五三にピッタリの髪型をご紹介しますね。

七五三の女の子の髪型は?

地域にもよりますが女の子の場合は七歳と三歳の時に七五三のお参りを行うことが多いようです。

七歳と三歳では当然、雰囲気も大きく違いますのでそれぞれにおすすめの髪型をご紹介しましょう。

七歳の場合

髪の量も十分にありますので着物を着る場合は日本髪を結う事も出来ます。

きれいに結い上げた髪に大き目の髪留めを付けると子供もおすまし顔で良い記念になります。

ワンピースなどの洋装であれば、ヘアアイロンでふんわりウェーブをつけて髪をおろしたり、サイドに流すだけでお姫様なようなかわいらしい姿になるのでおすすめです。

三歳の場合

まだ髪が生えそろわず、長さや量が十分でない子もいます。

また、いつもと違う窮屈な着物にヘアアレンジとなるとぐずってしまうこともあるので手の込んだアレンジは難しいこともあります。

きれいな着物が映えるためにも髪をスッキリまとめたアップスタイルがおすすめです。

一つに軽くまとめて飾りをつけるだけでも十分です。

もしお子様がぐずらないのであればツインテールをして逆毛を立て、ふわふわ感を出すと華やかで良いでしょう。あどけなさのある小さい子だからこそ似合う髪型です。

短い髪の子であればカチューシャを付けるだけでもずいぶんと印象が変わります。

スポンサーリンク

七五三のママの髪型は?

ママもやはり晴れの日だからこそ、きちんと決めたいものですよね。

ママの場合も子供合わせて和装にする方も多くいらっしゃいますよね。

しかし、あくまで主役は子供なのでママの場合の髪型はシンプルなもので。

髪を撫でつけ一つにまとめて、かんざしを一つ。

こんなシンプルな髪型だからこそ、大人女性としての気品が感じられるのです。

洋装であれば、少しサイドに編み込みをしておだんごを作るアップスタイルや、ハーフアップをして毛先をアイロンでゆるく巻くスタイルがいいでしょう。

どちらの装いでもシンプルに。

華美なアクセサリーや髪どめは必要ないでしょう。

ワンポイントでキラリと光る装飾で。“上品さ”を心がけます。

七五三の髪飾りのおすすめは?

髪飾りを購入、または着物レンタル店で着物と一緒に借りるという方が一般的ですが、手作りをしてみてはいかがでしょう?

自分好みに作れ、着物に映える大ぶりであでやかな「つまみちりめん」の髪飾りはいかがでしょうか。

これはちりめんの布を使って一枚一枚花弁を作るのですが、立体的で、生地独特の柔らかい雰囲気がでる和装にふさわしい髪飾りになります。

手芸初心者でも簡単に作ることができますよ。

用意するものは

  • ちりめんの布
  • ピンセット
  • ボンド

です。

手芸店では「つまみちりめんキット」という簡単に作れるキットがありますのでこちらを用意することをおすすめします。

布も30㎝程度あれば十分に作れますし、端切れコーナーのちりめんでもとてもかわいいものができますよ。

できあがったお花にスワロフスキーなどのキラキラしたビーズや鳥の羽などのデコグッズで華やかにしても良いでしょう。

出来上がったお花はピンに固定するのですが、髪の少ないお子様の場合は100円ショップなどにある飾りのないカチューシャにボンド等で固定させると使いやすくなりますよ。

まとめ

綺麗な装いに特別な髪型でお子様もとても大喜びの一日となります。

ご両親にとっても子供の成長に目を細める一日となりそうです。

お子様と一緒に特別な日を楽しんでご家族にとって思い出に残る日となるといいですね。

スポンサーリンク